スポンサーリンク
スポンサーリンク

二つの頭を持つオオメジロザメをメキシコ湾で発見!石油流出事故が原因か!?

スポンサーリンク

釣り人が二つの頭を持つオオメジロザメの発見を確認した。この発見は史上初である。

メキシコ湾で発見された二つの頭を持つサメが、ミシガン州立大学の調査によって生物学誌に報告された。このサメは、ディープウォーターホライゾンの2010年メキシコ湾原油流出事故後に釣り人が捕獲したメスの子宮内から見つかった。

現在まで、中型のヨシキリザメおよび小型のサメの類などでは二つの頭を持つ個体が発見されていた。しかし、大型ザメの双頭個体の発見はいままで報告されていなかった。

今回見つかった双頭個体は、大型で肉食傾向の強い『オオメジロザメ』。これは史上初めての発見だ。気性も荒く、過去には人間が襲われたケースもある。また、その引きの強さから釣り人からの人気が高い。

ミシガン州立大学の助教授、Michael Wagner氏は言った。
「オオメジロザメというサメは、比較的丈夫な生き物だ。にも拘らず、彼らは出産後に死んでしまった。もう一つ気になる点は、彼らの体が小さすぎると言うこと。これはおそらく二つの頭の成長にエネルギーを注ぎすぎたことが影響したのだと考えられる。」

ワグナー氏はこのような双頭個体が、ブリーダーによって繁殖されているトカゲやヘビなどでは珍しくないと言います。

世にも珍しいこの双頭オオメジロザメはフロリダキーズコミュニティカレッジで、精密な検査を行ったところ。頭二つであるかとは一目瞭然であるが、胃と心臓も二つあることがわかった。残りの体の部分はすべて正常のサメと同じであった。

教授は、この双頭個体が生まれた背景には、ディープウォーターホライゾンでの石油流出事故がリンクしている可能性があるかもわからないと考えている

しかし、彼は最後にこう付け加えた。
だが、我々はその考えを支持する確固たる証拠が無い。」と。

http://aqua2ch.net/archives/25037161.html

ダブルヘッド・ジョーズ…:(;゙゚’ω゚’):

コメント