【謎深まる動機】19歳巡査、犯行直前一緒に弁当を食べる姿 同じシフトは5回だけ 「きちんと指導してもらった」と供述も

【謎深まる動機】19歳巡査、犯行直前一緒に弁当を食べる姿 同じシフトは5回だけ 「きちんと指導してもらった」と供述も

19歳巡査、謎深まる動機 滋賀の警官射殺事件

滋賀県彦根市の彦根署河瀬駅前交番で、男性巡査(19)が先輩の巡査部長(41)を射殺した事件は、18日で発生から1週間になる。滋賀県警に殺人容疑で逮捕された巡査の犯行後の足取りは徐々に明らかになってきたが、動機はいまだ判然としない。
今後の焦点は、動機の解明になる。捜査関係者によると、巡査は身柄を確保された直後に現場で犯行を認め、「怒鳴られたから」などと犯行の理由について口にした、という。
一方、交番内に設置された防犯カメラで、犯行の直前、巡査と巡査部長が交番内に横並びされた机で一緒に夕食の弁当を食べている姿が確認されている。犯行日の防犯カメラには、巡査部長が巡査を厳しくしかったり、2人が言い争ったりする場面などは写っていなかった、という。
巡査と巡査部長は、河瀬駅前交番に配属された3月26日に初めて顔を合わせ、3交代のシフトで一緒に勤務したのは5回だけだった。ただ、4月8日と犯行日の11日は、通常の3人体制でなく、連続して2人だけの勤務となっていた。
巡査は2発発砲したうち、最初に巡査部長の頭を撃ち抜いた。強い殺意があったことをうかがわせるが、県警幹部は「(なぜ拳銃を使ったのかは)本当に分からない」と話し、捜査関係者は「あり得ない。理解に苦しむ」と首をかしげる。
県警関係者によると、巡査は1月29日に彦根署に配属されて以降、書類作成など勤務上の指導について、上司と折り合いがついていなかった、という。ただ、上司というのは誰を指すのかは判然としていない。
捜査関係者によると、「(巡査部長には)きちんと指導してもらった」とも供述しているといい、謎は深まっている。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

見えない自由が欲しくて?(;・∀・)

コメント