【画像あり】15歳JKを妊娠させて逃げる男

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

愛知県に住む幸希くん(2)。面倒を見るのは、お姉さん、ではなく、母親の横井桃花さん(17)だ。中学3年生だった15歳の時、妊娠・出産した。相手は交際していた同級生だった。

「不安だらけで、妊娠したらどうなるのか、携帯でめちゃくちゃ調べた。相談窓口に電話するのも、病院に行くのも怖くて、1人でずっと抱えていた。でも、お腹が動くと愛情が出てくる。私の母は離婚していて家庭が暗かったし、自分が子どもを産むことで家庭が明るくなると思う、頑張って産んで、ちゃんと育てて、責任を取りたかった」。母・浩子さんは「お風呂に入った時、(お腹が大きくて)ん?と思ったけど、まさか…ということで、何も考えられなかった」。

スポンサーリンク

さらに出産1か月前には、子どもの親である同級生から、LINEなどがブロックされ、連絡が取れなくなってしまったという。「“自分の子どもじゃない”と言われてしまった」。それから2年、連絡が来たことは一度もない。「自宅も変わっていないようなので、学校に聞けば連絡先は教えてもらえると思う。でも、関係を持っているのが嫌という感情もある。母からも、会うのも、子どもを見せるのもダメだと言われていた。最初はそれを受け入れられなかったけど、出産と同時に本当にやめて欲しいと言われたので、そのまま連絡が取れないような形にした。やっぱり生活は大変だし、養育費が欲しいなという気持ちはある」。

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

若いのに立派だなと思うけど、養育費という形でちゃんと責任取らせるべきだと思うが…😰😰😰

コメント