10代のフェイスブック離れが鮮明に 米実態調査

10代のフェイスブック離れが鮮明に 米実態調査

米国で10代のフェイスブック離れが進んでいる現状が、調査機関ピュー・リサーチ・センターが31日に発表したソーシャルメディア利用に関する実態調査で鮮明になった。

調査は米国の13~17歳を対象に実施。フェイスブックの利用者は51%にとどまり、2015年に実施した前回調査に比べて20ポイント減少した。

一方、ユーチューブは85%が使っていると回答。フェイスブック傘下のインスタグラム(72%)やスナップチャット(69%)も活発に利用していた。ツイッター(32%)やタンブラー(14%)の人気は前回調査から横ばいだった。

1日の中で最も利用頻度が多いのはスナップチャットだった。今回の調査は今年春、約750人を対象に1カ月かけて実施した。

フェイスブックは今年1~3月期に米国とカナダのユーザーが初の減少に転じ、その後は再び増加していたが、世界的には成長が鈍化しつつある。米国とカナダを合わせたユーザー数は1億8500万人。

ピューの調査では、低所得世帯の子どもの方が、高所得世帯の子どもに比べてフェイスブックの利用者が多い傾向も浮かび上がった。スマートフォンを持っている10代は、2015年の75%から今回調査では95%へと急増した。

「ほぼひっきりなしに」オンライン状態にあるという回答は45%に上り、前回調査に比べてほぼ倍増した。

10代のフェイスブック離れが鮮明に 米実態調査
米国で10代のフェイスブック離れが進んでいる現状が、調査機関ピュー・リサーチ・センターが31日に発表したソーシャルメディア利用に関する実態調査で鮮明になった。

 

>一方、ユーチューブは85%が使っていると回答。フェイスブック傘下のインスタグラム(72%)やスナップチャット(69%)も活発に利用していた。ツイッター(32%)やタンブラー(14%)の人気は前回調査から横ばいだった。1日の中で最も利用頻度が多いのはスナップチャットだった。

コメント