【朗報】『100日後に死ぬワニ』、ついに今年春に映画公開決定!!

スポンサーリンク

『100日後に死ぬワニ』炎上でゲーム化は頓挫も、映画はいまも「製作中です」

スポンサーリンク

映画『千と千尋の神隠し』が延べ300日以上かけて打ち立てた歴代最高興行収入316億円を、90日足らずで塗り替えそうな劇場版『鬼滅の刃』。その陰にすっかり隠れてしまったが、’20年にもうひとつメガトン級のヒットをしたマンガ作品があったのをご記憶だろうか?

そう、『100日後に死ぬワニ』。イラストレーターのきくちゆうき氏がツイッター上で公開した4コママンガだ。“100日後に主人公のワニが死んでしまう”という結末が、あらかじめ予告され、その100日目に向かって毎日カウントダウンしながらストーリーが進むという斬新な仕掛けで、瞬く間に人々の心をつかんだ。

スポンサーリンク

「ワニと仲間たちのほのぼのとしたやりとり、何気ない日常が描かれているんですが、その一方で“でも、100日後には死んじゃうんだ……”“もう、あと〇日しかない……”と、みんな釘づけに。ピーク時には『鬼滅』にも引けをとらないくらいの人気でした」(コミック誌編集者)

ゲームアプリはいまだ《登場予定》のまま
事実、100日目─最終回となった’20年3月20日のツイッター投稿は日本中のファンから70万件を超えるリツイート、208万件を超える“いいね”がついた。

スポンサーリンク

「これは、当日のツイッター上で全世界トレンド1位にもなって。日本中の人たちが固唾を呑んでワニ君の最後を見届けて、涙を流したんです」(同・コミック誌編集者)

その直後から『100ワニ』に、まさかの大逆風が吹き荒れることになる。

「原因は、最終話が公開された直後に怒濤のように発表された書籍化、アニメ映画化、ゲームアプリ化、コラボイベント開催……といった“ビジネス展開”ラッシュです。“タイミングよすぎ”“金儲けに走り出した”“裏切られた”と大炎上してファンたちから総スカンを食ったんです。ちょっと手回しがよすぎましたかね(苦笑)」(同・コミック誌編集者)

スポンサーリンク

完結から3週間もたたないうちに出版された書籍は35万部のベストセラーになったものの、人気は瞬く間に下火に─。あれから270日余、盛りだくさんだったプロジェクトの続報は聞こえてこない。公式サイトをのぞいてみてもグッズの発売情報が更新されている程度だ。

「実は映画は公開延期になったそうで。’20年公開の予定で進めていたんですがコロナのせいもあって製作が遅れてしまって。それでも’21年5月ごろには公開にこぎつけたいみたいです」(映画関係者)

スポンサーリンク

ゲームアプリについても《ワニたちと遊べるゲームアプリ登場予定》のままだ。

「ゲームアプリも夏から秋のリリース予定だったそうですが、トラブルで頓挫。開発会社が手を引いてしまったそう。まぁいま出してもね……(苦笑)」(同・映画関係者)

『100ワニ』プロジェクトについて、窓口となっている会社に尋ねるとこんな回答が。

スポンサーリンク

「映画に関しましては現在、製作中です。公開時期に関しましては、来るべきときに情報公開いたします。そのほかに関しましては、弊社より公式にコメントできる情報は持ち合わせておりません」

あれだけのヒットコンテンツ。このまま死なせるわけにはいかない、か。

https://www.jprime.jp/articles/-/19689?display=b

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

鬼滅は3日天下

覚悟しろ🤣🤣🤣

コメント