「100日後に死ぬワニ」が流行語大賞から外れた理由

スポンサーリンク

流行語候補なぜ落選した?…夜の街、コネクト不倫、100日後に死ぬワニ

スポンサーリンク

「2020ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が5日、公表された。

今年は「おうち時間」や「新しい生活様式」、「3密(三つの密)」、「PCR検査」、「クラスター」など新型コロナ絡みの言葉が多かったほか、社会現象となった人気漫画「鬼滅の刃」、12月にメジャーデビューを果たす9人組ガールズグループ「NiziU(ニジュ―)」などがランクインした。

スポンサーリンク

トップテンと年間大賞は12月1日に発表されるが、毎年、話題となるのが「なぜ、この言葉が候補に?」という疑問だ。

例えば今回も、ネット上では、ノミネートされた「BLM」(BlackLivesMatter運動)に対し、「舞台は米国警察の黒人に対する残虐行為に対する運動なのになぜ?」といった書き込みや、「『フワちゃん』は流行語ではなくてブレーク芸人の方が正しい」、「『総合的・俯瞰的』よりも『学術会議』の方がしっくりくるのではないか」――など賛否両論が目立った。

スポンサーリンク

なるほど、確かに新型コロナ絡みで言えば、多くの乗客の感染が判明したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」、東京都の小池知事が会見で繰り返した「夜の街」、「東京アラート」、「ロックダウン」が候補になっても不思議じゃなかった。

「テレワーク/ワーケーション」を候補に選ぶのであれば、まさに「ワーケーション」を公務中に実践したとして注目された、和泉洋人・首相補佐官と大坪寛子・厚労省大臣官房審議官(当時)をめぐる「コネクト不倫」の方がいいだろう。

スポンサーリンク

ツイッターで話題となった日めくりマンガ「100日後に死ぬワニ」、実家の子供部屋で暮らす成人男性を示す「子供部屋おじさん」がノミネートされなかったことも謎だが、果たして大賞に選ばれるのは?

https://news.yahoo.co.jp/articles/f144488a1aae83ab1978433ff11d0f963848e39d

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ある意味流行語だけどな😂😂😂

コメント