【目から鱗】令和×年に「018(レイワ)」を足すと…西暦になる! 覚えやすすぎる換算法が早くも発見

令和×年に「018(レイワ)」を足すと…西暦になる! 覚えやすすぎる換算法が早くも発見

2019年5月1日からの新元号「令和」が発表された。

和暦と西暦の両方を使う日本では、それぞれの変換がしばしば話題になる。しかし「令和」では、あまり悩まなくてもよさそうだ。

「狙ってるんですかね?」「とても便利」
昭和を西暦に換算するときは、和暦に25を足すと簡単だ。これは1926年が昭和元年だったことから、毎年「1925+和暦の年数」が西暦の年数になるためだ。同様に平成は、1989年が元年だったため、「和暦の年数プラス88」もしくは「マイナス12」で西暦の下2ケタになる。たとえば平成31年は、31マイナス12で「(20)19」だ。

この法則から行くと、令和と西暦の換算は「和暦の年数に18足す」ことでできる。「018(レイワ)」の語呂合わせで覚えられると話題になっているのだ。たとえば5月から始まる「令和元年(1年)」なら、「018」を足すと「(20)19」といった具合である。ツイッターでは、

「あ、今後は018(れいわ)を足せば西暦になるのか」
「令和(018)を足すと西暦になるって狙ってるんですかね???」
「未だに平成何年かパッと出てこないので令和が西暦-18と覚えられたのはとても便利」
といった反応が出ているほか、新元号を決める閣議に参加した柴山正彦文科相も、

「なるほど、新しい年数に『れいわ(018)』を足すと西暦か…」
と感心しているようだ。

https://www.j-cast.com/2019/04/01354155.html

sakamobi
sakamobi

すごい!もしかして狙ったのか?(;゚Д゚)

コメント