sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

グーグル、極めて丈夫で「重力に逆らう」素材を開発か 世界を変える可能性

   

グーグル、極めて丈夫で「重力に逆らう」素材を開発か 世界を変える可能性

「Loon」プロジェクトで気球を打ち上げる様子

謎に包まれたGoogleの研究部門「X」が、極めて丈夫で重力に逆らう素材を近いうちに発表する可能性が出てきた。同部門の責任者は、これが世界を変えるかもしれないと考えているという。

Googleは、骨の構造にヒントを得たBoeingのマイクロラティスを超える素材を生み出そうとしているのかもしれない。現在「世界で最も軽い素材」とされているマイクロラティスは、高い強度を持ちながら、タンポポの綿毛の上に乗せても種子と冠毛をつなぐ繊細な柄を傷めないほど軽い。

Boeingが生み出したこの金属製素材は、確かに軽いが落とせば地上へ落下する。しかし、Googleがひそかに開発を進めている画期的な新素材は違うようだ。Google Xの責任者であるAstro Teller氏によれば、この素材は「宙に浮きたがる」のだという。

「これはわれわれが上空、建築物、輸送などと関わる方法を変えるかもしれない」と、Teller氏はBackchannelへの投稿で述べた。同氏はこの投稿で、中止になったプロジェクトや継続中のプロジェクトについて書いている。継続中のものとして、気球で中継するインターネット接続プロジェクト「Project Loon」などがある。

今回の謎の素材は、空気より軽い貨物飛行船を作るという中止されたプロジェクトから生まれた。Googleは、このプロジェクトによって航空貨物のコストが船便のコストに近いレベルまで下がる可能性があり、船舶より少ないカーボンフットプリントで、海路より速く物資を運べるようになると考えていた。

Teller氏によると、このプロジェクトが中止されたのは、研究開発や試作に必要な資材に2億ドルほどかかり、経済的負担が大きすぎると判断されたためだったという。

「Xは、ミスをして学び、設計を見直すという厳しいフィードバックループにのっとっているため、2億ドルという金額は、自分たちが正しい軌道に乗っているかの判断に必要な最初のデータを獲得する費用としてはあまりに高額すぎた」とTeller氏は述べている。

Googleは2月に入り、「Project Loon」のようなX関連プロジェクトや「Google Fiber」など、「Other Bets」(その他)部門にかかった費用が、2015年のGoogle部門の総設備投資額88億ドルの約1割に相当する額になったと報告している。

中止になったもう1つのXプロジェクトは、消費者に近い場所で農作物を育て、輸送の手間を削減することを目指した自動垂直農場システムだ。このシステムは水を効率的に利用するものの、米や穀物といった主要な農産物を育てることができなかったために中止となった。

Teller氏はまた、ハンドルのない自律走行車を作るというGoogleの選択を擁護した。カリフォルニア州は2015年、運転者が必要に応じて車を手動で制御できるようにするために、Googleの車には必ずハンドルをつける必要があると述べていた。

だが、Teller氏によれば、車が運転操作のほとんどを担っている状態でハンドルを使えるようにすると、かえって安全でないことが判明したという。

「運転席に乗っている人は、車が人間に制御を戻す必要がある場合に備えて常に警戒し続けるという、自らの役割を果たさなかった」とTeller氏は記している。

「目指すのは、人間が真の意味で搭乗者となる車だ。あなたは自分がどこに行きたいのかを車に知らせ、ボタンを押す。すると車が、A地点からB地点まであなたを連れて行ってくれる。自力でだ。われわれはこのようにモビリティを変革できるはずだ」(同氏)

一方、Loonも難しい段階を乗り越えたようで、インドネシアの通信事業者との交渉が順調に進んでいるほか、スリランカで今週より実験を開始する。Googleはスリランカ政府が25%の株式を保有する合弁企業を同政府と設立し、それと引き換えに実験用の帯域を獲得している。

Teller氏によれば、LoonはGoogleが手がける中でも「おそらく最も突拍子もなく聞こえる」プロジェクトであり、Googleが空に浮かべた気球を制御する方法を見つけ出せなければ、早々に中止の憂き目に遭うところだったという。

2016年内には、Loonの気球がインドネシアや他の場所で「本サービスのテスト」のために飛ばされる見込みだと、Teller氏は述べている。

http://japan.cnet.com/news/service/35078085/

 - ネット