sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

スペインの日本人うどん屋が廃業危機!「うどんという名称を使うな」と警告 「クールジャパンの人たすけてや!」と支援呼び掛け

      2016/04/01

うどん屋やめます。弁護士からお手紙来て、うどんってのが商標取られてるので、10日以内に以下の要求に従って下さいとの事です。1、うどん屋ってメディア等で一切言わないで下さい。2、看板からうどんって文字取ってください。3、ネットでも使わ…

Keiji Ishizukaさんの投稿 2016年3月8日

スペインの日本人うどん屋が廃業危機!「うどんという名称を使うな」と警告

元Jリーガーの石塚啓次さんがオーナーシェフを務めるスペインのうどん店「Yoi Yoi Gion(宵宵祇園)」が、日本では絶対に信じられない理由で廃業の危機に陥っている。

それはなんと、現地の外食企業が「Udon(うどん)」という名称の商標登録を取ってしまったため。企業の弁護士から「うどんという名称を一切使うな」といった内容の手紙で来たからだそうだ。

この手紙には石塚さんも非常に困っており、お店を辞める覚悟を決めつつも「政府?クールジャパンの人たすけてや!」と、instaglamとFacebookで政府に対し支援を呼び掛けている。

ちなみにこの手紙には

・うどん屋とメディアで一切発言するな
・看板からうどんという文字を取れ
・インターネット上でもうどんという名称を使うな

といった内容の警告が書かれているらしくこれが内容が正当なものの場合、スペインでは商標登録を取った会社しかうどんという名称を使えないので、日本人はうどん屋をスペインで絶対開けないということになる。

もし開業できたとしても「うどん」と言えない謎のうどん屋になってしまうため、経営的にも不利。何よりも日本の文化であるうどんを日本人が使えないという異常事態になってしまうのは問題だ。

遠い異国の地で美味しいうどんを広めようと頑張っている石塚さんのピンチ、ぜひ国にも何らかの支援をしてほしいと心から願う。

参考リンク:石塚啓次Facebook

スペインの日本人うどん屋が廃業危機!「うどんという名称を使うな」と警告 「クールジャパンの人たすけてや!」と支援呼び掛け

これはさすがに気の毒…(;´Д`)

 - IT・スマホ, スポーツ, 食事