sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

新潟の「200円カレー」が東京上陸!安すぎるけど味はウマいのか確かめてみた

   

新潟の「200円カレー」が東京上陸!

めっちゃ気になりますよね!(笑)

「200円カレー」東京上陸、安すぎるけど味はウマいのか確かめてみた

「200円カレー」が東京に上陸した。税込み価格200円という驚異的な安さでカレーライスを提供する店が新潟からやってきたのだ。いくらデフレの時代とはいえ、大手牛丼チェーンですらカレーの並盛は300円台かそれ以上である。

200円で出されるカレーは、本当にカレーとしての体をなしているのだろうか。もしかしたら「カレー」という名前のまったく別の食べ物の可能性だってあるかもしれない。ウマいのかマズいのか確かめるため実際に行ってみた。

10人以上が店内に行列

新潟の「200円カレー」が東京上陸!安すぎるけど味はウマいのか確かめてみた

200円のカレーを出す店の名前は「原価率研究所」。新潟県内には6店舗あるチェーンだ。2016年1月27日に竹ノ塚店(東京都足立区)がオープンした。竹ノ塚は一戸建ての住宅が数多く立ち並び、昔ながらの商店街も残っている庶民的なエリアだ。街の不動産屋に貼り出された住宅情報を見ると、一人暮らし用のアパートが2DKで6万円とあり、23区内にしては割安であることがわかる。

東武伊勢崎線の竹ノ塚駅から10分ほど歩くと、「¥200 ゼイコミ」「原価率研究所」の文字が書かれた、赤色と黄色の派手な色をしたのぼり旗がはためいてるのが見えてきた。店構え全体から「安そうな感じ」が伝わってくる。店内を覗くとすでに10人以上が列を作っていた。スーツ姿のビジネスマンや工事現場作業員、近所に住んでいる主婦らしき人などさまざま。ちょうど昼時ということもあり、大繁盛だ。

新潟の「200円カレー」が東京上陸!安すぎるけど味はウマいのか確かめてみた

レジで100円玉2枚を店員に渡すと、本当にカレーライスが出てきた。こんもりと盛られたご飯の横に、食欲そそるカレーが注がれている。食器とスプーンこそプラスティック製のものだが、見た目はちゃんとしたカレーライス。福神漬けも添えられている。味はというと、学食や役所などで食べる「あのカレーライス」に近い。辛いわけでもスパイシーなわけでもなく、でもどこか懐かしいような日本式カレーの標準スタイル。特段ウマいとは言えないが、ちゃんとしたカレーである。

中の具を探してみると、ごろっと大き目の鶏肉が3つ出てきた。

新潟の「200円カレー」が東京上陸!安すぎるけど味はウマいのか確かめてみた

なにしろ200円である。自分で料理しないでほっかほかの料理がこの価格で買えるのだから、文句のつけようがない。原価率研究所の公式Facebookページにも「一般的な飲食店での『おいしさ』ではなく『普通の味』を研究して作られた」と記されている。1皿600グラムほどのボリュームがあるため満腹になる。コストパフォーマンスは凄まじい。シンプルな味のカレーを各自の好みのテイストに変えられるよう、店内にはマヨネーズやウスターソース、コショウ、ラー油、タバスコまで置いてあった。

カレーを200円で出せる理由は?

「原価率研究所」の名の通りコストカットは徹底しており、店内のテーブルやイスは折り畳み式の簡易的なもので、壁はベニヤ板がむき出しになっている。飲み水のサービスは用意されていないので、レジ横にあるミネラルウォーター(100円)を買うほかない。メニューがカレーオンリーの弁当店にイートインコーナーがあると説明したほうが、しっくりくるかもしれない。もちろん持ち帰りできる。竹ノ塚店の出店費用は50万円以下に抑えられているという。

各種の工夫を凝らしていることはわかるが、それでもなぜ200円でカレーを販売できるのか。原価率研究所Facebookによると、カレールウは大手食品メーカーと共同開発した材料を使用している。それによって、「安全面、衛生面、味の統一を高い基準で保持しながら、材料費と人件費の大幅な削減に成功」したという。食材は国産にこだわり、コメは新潟産を使用、タマネギや鶏肉も国産のものだそうだ。

実際のところ、電車に乗る交通費をかけてまで「200円カレー」を食べに行く必要があるかというと微妙なところだ(筆者の場合、竹ノ塚に行くのに400円かかった)。だが、原価率研究所は全国1000店舗での展開を目標にフランチャイズ加盟店を募集している。いつか近所に店舗ができたら、また利用したい。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1454897143257.html

行きたいけど竹ノ塚ってのがちょっと…遠いっす。。

都内で店舗拡大して欲しいなぁ!

 - 食事