sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「iPhoneから送信」 ←は?

   

「iPhoneから送信」 ←は?

「iPhoneから送信」署名のメールをどう感じるか

自分にまったくそのつもりがなくても、無意識で人をイラつかせてしまうことがある。その代表例だと筆者が思っているのが、「iPhoneから送信」問題だ。

ご存じの方も多いと思うが、「iPhoneから送信」とはiPhoneからメールを送る際に表示される文末の署名。しかし、周囲に聞いてみると、この署名付きでメールを送ってくる人の評判がすこぶる悪い。Googleで「iPhoneから送信」と検索してみても、予測で「うざい」と出てくるほど、人をイラつかせている。Google先生が「うざい」と言うくらいなのだから、よっぽどうざいのであろう。

世の中にはさまざまなマナーがあり、それに反すると不評を買う。最近では、インターネットやデジタルツールの普及によって新たなマナーが追加されている。この新たなマナーは明確な合意がなされていないものが多く、人によって受け取り方もバラバラだ。だから無意識で人をイラつかせてしまうことになる。

「iPhoneから送信」問題は、「それくらい別にいいじゃないか」と考えている人や、そもそも気にしてすらいない人がたくさんいる。その一方で、「うざい」と感じる人も存在し、「新しい時代のマナー」として議論になることが度々ある。

「iPhoneから送信」は自己主張なのか

なぜ、「iPhoneから送信」は、こんなにも人の心を逆なでするのだろうか。

よくある意見としては、「iPhoneを使っている自分を誇示しているように見える」というものだ。たしかに一部のiPhoneユーザーは、「iPhoneこそが、一番イケてるスマホ」と思っている節がある(アップル製品全般にも言えることだが)。そうした不遜な態度を、「iPhoneから送信」という署名から読み取る人がいるのだ。

つまり、「iPhoneから送信」という何気ない一文が、「自己主張」だと受け取られてしまうのである。なかには、「iPhoneの宣伝かよ!」と感じる人もいる。

考えてみれば、奇妙な一文ではある。著者が知らないだけかもしれないが、ほかのメーカーで同じような署名が付けられるという話を聞いたことがない。パソコンからメールを送る際に、「dynabookから送信」「VAIOから送信」などと機種名が入っていたら、誰もが違和感を感じる。しかも、熱狂的な信者の多いアップル製品だ。「イケ好かない自己主張」と思う人がいてもおかしくない。

さらに、「忙しい自分をアピールしているように見えてうざい」との意見もある。これも、ある種の「自己主張」だと受け取られてしまうパターンだと言える。

一般社団法人日本ビジネスメール協会が発表した調査結果によると、スマートフォンでビジネスメールを送受信している人は34.53%にものぼっている。著者もそうだが、出先でスマートフォンを操作し、ビジネスメールを返信することはよくある。「なるべく早く対応しなければ」という気持ちから、よかれと思ってやっていることだ。しかし、そこに「iPhoneから送信」という一文が入っていると、「出た出た! 忙しいアピールですか?」と思われてしまうのである。

あえて「iPhoneから送信」を入れる場合も?

一方、忙しい時はあえて「iPhoneから送信」という一文を付けているという人もいる。というのも、出先では落ち着いてメールを打つことが難しい。しかし、早急に返事をしなければいけない。そういった時に、「iPhoneから送信」をあえて付けておくことで、多少の文章の乱れや雑さを免罪してもらおうとするのだ。

また、こんな場合も「iPhoneから送信」が活用されることになる。

スマートフォンの普及により、勤務外の時間や自宅でもビジネスメールが返せるようになった。勤務外の時間に、早急な返信が必要なメールが送られてくることもしばしばだ。そんな時、「私は、時間外に対応しているんですよ。プンスカ!」という多少怒りのこもったアピールのために、署名を活用するのである。

当然、「iPhoneから送信」を言葉の通りに解釈すれば、「iPhoneという機種のスマートフォンから、私はメールを送信しましたよ」という意味にしかならない。しかし、日本人は、その一文にさまざまな意味を読み取ったり、意味を含めたりする。そのこと自体が、面倒臭い状況であると言えなくもない。

なかには、忙しいことをアピールするために、パソコンでメールを送る際にも「iPhoneから送信」とわざわざ付け足す強者もいるようだ。「iPhoneから送信」は、「私は今とても忙しいのです」と訳すことが、新時代のマナーなのだろうか。

意識が高い人がイライラする理由

さらに、「iPhoneから送信」が嫌われる理由として、「iPhoneから送信」という署名を付けてメールを送ってくるのはデジタルのリテラシーが低い証拠であり、そういう意識が低い人を見ているとイライラする、といった意見もある。

「iPhoneから送信」という署名が付くのは、iPhoneの初期設定によるものだ。簡単な操作で変更することができるのになぜ変えないのか、というわけである。

無茶苦茶な意見ではあるが、確かに「リテラシーが低い」という指摘は当たっている部分がある。なにを隠そう筆者も、この初期設定をいまだに変えていない。イライラする人がいることがわかっているため、メールを送る際は「iPhoneから送信」を手動で削除するが、たまに忘れてそのまま送ってしまうことがある。

手動で削除するくらいなら、なぜ初期設定を変えないのか。意識が高い人は、そう感じるのであろう。「意識が低くてすみませんでした」としか言いようがないが、ほとんどの人は筆者と同じように「なんとなく」で過ごしてしまっているのだ。

これからも未解決のまま続いていくであろう「iPhoneから送信」問題。こんなに面倒臭いことに巻き込まれるくらいなら、さっさと初期設定を変えてしまうことが一番だとは思うが、アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が遺した名言「今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることは本当に自分がやりたいことだろうか?」を思い出して、思い留まってしまうのである。

http://diamond.jp/articles/-/86423

イライラはしないけど、iPhoneブームの頃はこれ見ると( ´,_ゝ`)プッって思ってたなw

 - IT・スマホ