sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

テレビでもラジオでもない第3の放送「i-dio」が明日スタート

      2016/06/10

テレビでもラジオでもない第3の放送「i-dio」が明日スタート

3・1プレ放送スタート 第3の放送「i-dio」って何?

あす3月1日から、既存のテレビでもラジオでもない全く新しい“第3の放送”サービス「i-dio(アイディオ)」がスタートする。正午から福岡・大阪・東京(1都3県)でプレ放送を開始。受信環境が整っていれば、提供されるコンテンツを「音声多チャンネル」「高音質」「パケット(通信料)不要」「無料放送」で楽しめる。

受信視聴するには、チューナーを内蔵したi-dio Phone(Android SIMフリー※格安MVNO対応)か、手持ちのスマートフォンを使う場合はi-dioアプリのダウンロード(Android版は3月1日より、iOS版は3月上旬公開見込)した上、放送波をWi-Fiに変換する「i-dioチューナー」(Wi-Fi接続の外付けチューナー/非売品)が必要。「i-dioチューナー」はモニター登録すれば無料配布(無償貸与)される。

手持ちのスマホで視聴する場合、常にチューナーを持ち歩かなければならならいが、「まずは、モニター登録していただき高音質を体験してもらいたい。4月に車載用Tuner Box(仮称)の発売を予定しているほか、i-dioを楽しめるデバイスの拡充を図っていきますし、ユーザーが増えればそれも加速するはず」と関係者は説明している。

i-dioは、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯(VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設される放送サービス。テレビは「映像」を送る、ラジオは「音声」を送ることが義務付けられているが、i-dioは映像・音響・データなど、デジタルデータなら何でも送ることができるので、“第3の放送”を謳っている。

放送波で送信するため、通信とは異なり、輻輳(ふくそう/1ヶ所に集中して混雑すること)もなく、不特定多数に情報を送ることも、必要な人に必要な情報を確実に届けることもできる。プレ放送時から、Jアラートはもちろん、災害のおそれなど緊急時には「i-dio防災情報」を全てのチャンネル全ての番組に割り込んで利用者に伝達し、新しい防災・減災プラットフォームとしての役割もアピールしている。

プレ放送は、音声5チャンネル、映像1チャンネルからスタート。放送エリアも順次、全国へと拡大させる。

■チャンネル内容
【1】TS ONE
TOKYO SMARTCAST社が提供するチャンネル。音楽レコメンデーション番組や生放送ワイド番組を編成。
【2】Amanekチャンネル
日本初のドライバー専門放送。車の走行位置にあわせた15分先の天気予報や交通情報、ドライブを快適にすることにこだわった選曲、旬の行楽情報やクーポンの配信などを提供。
【3】~【5】
ジャズ、クラシック、マスターピースの3チャンネル、24時間ノンストップで音楽を放送。
【6】クリエイターズ・チャンネル
オリジナル映像チャンネル。パケット代を気にせず、動画楽しめる。フラッシュアニメ『秘密結社鷹の爪DO』、『MINE TV presents キレイをつくるビューティーチャンネル』、現役の声優、アイドル、ゲーム実況者が日本のレトロゲームに挑戦したり、最新コンシューマー・アーケード・スマホタイトルからイベントレポートまで幅広く網羅したゲームを楽しむ人々のためのプログラム『NC2 Lab presents ひよこGAMES』をラインナップ。

http://www.oricon.co.jp/news/2067634/full/

■i-dio 公式サイト
http://www.i-dio.jp/

NotTV臭がハンパないな(;・∀・)

 - IT・スマホ, 動画