sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

月額480円の「イオンモバイル」が爆発的人気。現場は混乱、ネットはお申込み停止

   

月額480円の「イオンモバイル」が爆発的人気。現場は混乱、ネットはお申込み停止

この春の格安SIMの中で、もしかしたら一番注目を集めているのではないかと思うのがイオンモバイル。

その理由として、全国各地にあるイオンのお店で申し込みができ、しかも3大キャリアに近い手厚いサポートを受けながら加入できるということ。さらに料金が安いことと大容量プランまで充実している。

一度目にイオンモールの携帯電話コーナーに行ったときには人気すぎてシステムトラブルで加入できない状態。しばらく時間がたった2度目はSIMの在庫がなく、入荷次第加入になるということで、申し込んだだけでSIMを手にできなかった。

翌日には入荷見込みの電話がかかってきたが、今度はSIMがお店にあっても開通手続きが混雑していてすぐにできないため、 日開通とはならず、翌日以降の開通ということになってしまった。

現在のところ、イオンのお店に行っても使える状態のSIMを手にして帰ってくることは難しいと考えたほうがよさそうだ。

店頭がそんな状態なため、ネットでの申し込みはできない状態が続いており、現在でも一部を除けばネット加入ができず、店頭に出向く必要がある。 おそらく混雑の理由のひとつとして、高速データ通信容量が2GBのブラン限定で2017年3月までの月額基本料金を割引で提供するキャンペーンがあったことがある。データ通信専用なら月額480円、音声付きでも月額980円とさらに安い。加入期限は当初3月31日までとなっていたためか、3月に加入が集中したとも考えられる。

ネットでの加入はずっと閉じていたままだったが、キャンペーンを実施していながらネットで申込ができないということへの代替措置として、4月1日から10日まで、キャンペーン適用の2GBプラン限定でネットで受け付けを開始した

これは、申し込むと申込用紙が送られてきて、ユーザーが申込書を記入して返送すると、希望のSIMが届くというものだ。届くまで日数がかかるが、イオンに出向いて店頭で時間をとられたくない人にもやっと選択肢ができた。早期に状況を落ち着くことに期待したい。
http://ascii.jp/elem/000/001/146/1146070/

https://shop.aeondigitalworld.com/shop/c/ca116

「全国各地にあるイオンのお店で3大キャリアに近い手厚いサポートを受けられる」のが最大の強み。もちろん激安だ。

 - IT・スマホ