sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

亀田大毅「はっきり言ってボクシングは大嫌いだった

   

亀田大毅「はっきり言ってボクシングは大嫌いだった

亀田大毅、ボクシングより「読書や絵を描くのが好きだった」

元プロボクサーの亀田大毅が、3月14日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャル(後7:00~9:48※一部地域では放送時間が異なる)に登場。“調子に乗りすぎて世間から嫌われないための授業”を行う。

プロボクシング元WBA世界フライ級、元IBF世界スーパーフライ級王者という輝かしい経歴を持つ大毅。「浪速の弁慶」の愛称を持つ彼がやらかしてしまったしくじりとは?

大毅は“亀田三兄弟”の次男として2006年にプロボクサーとしてデビュー。その約1年後、18歳の時に、当時の世界チャンピオン最年少記録をかけて挑んだ内藤大助戦で相手を抱えて投げ飛ばすなどの反則を連発し、国民から批判殺到。この一戦をきっかけに一夜にして亀田三兄弟に対する世間の風向きが変わってしまう。

授業の第一章は、亀田三兄弟がヒーローからヒールに転落するまでを“おさらい”。「三兄弟を世界チャンピオンにする」という夢を持つ父の下、11歳からボクシングを始めた大毅だったが、実は読書や絵を描くのが好きな男の子だったという。ボクシングに天賦の才を持つ兄・興毅と弟・和毅に挟まれ、「自分はとんでもない落ちこぼれだった」と吐露。「はっきり言ってボクシングが大キライだった! やめたくて仕方がなかった」と当時の苦悩を打ち明ける。

しかし兄・興毅の活躍もあり、兄弟への注目は高まるばかり。やけくそで開き直ったところ、大毅はデビュー戦で“23秒KO”という鮮烈な勝利を飾ってしまう。すると落ちこぼれだった自分が突然、周囲にベタボメされ、その結果「ごっつ調子に乗ってもうた!」と振り返る。兄弟コンプレックスの反動から一気に調子に乗ってしまった大毅がやらかしたビッグマウス発言や超ド派手ファッションも振り返り、あの世界戦の夜、なぜ反則行為に走ってしまったのか、真実を語る。

続く第二章では、一夜のうちに国民から嫌われてしまった大毅が味わった悲劇の実態を、テレビで初めて詳細に告白。試合後、大毅は内藤に直接謝罪に出向いていたのだが、大バッシングの中、その事実は世間に伝わらなかった。どんな言動も生意気に受け止められ、人間不信になったという。やがて、1年間のライセンス停止を経て復帰。練習に励み、世界王座を獲得して、“三兄弟世界チャンピオン”という父の念願をかなえる。しかし、その後、左目に網膜剥離を発症。昨年11月、引退を発表した。

収録で大毅は、自らの引き際を悟った際の心情を語りながら思わず男泣き。最後は、夢に向かって挑戦するすべての人々に向けて、自らの挫折から悟った人生の教訓を語りかける。紆余曲折の末、大毅がたどり着いた“真の強さ”とは何だったのか。

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=155111

現役時代から彼は言ってたよね…可哀想だった。。

 - スポーツ, 芸能