sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ベッキーが “裏” でやってきた事が判明、完全に許される。

   

bc01dcec

【新事実】不倫騒動のベッキー「私がアフリカに募金して子供達を助けた事は言うなよ! 絶対言うなよ!」→ユニセフ「はい言っておきました」

アフリカに5つも校舎を建てていた!

元気で明るい美人タレントとして活躍しているベッキー(31歳)。最近のベッキーの話題といえば、人気バンド「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音(27歳)と不倫騒動である。いまだに新事実が雑誌やニュースで報じられ、まだまだ炎上は続きそうだ。

・アフリカに5つも校舎を建てていた!
そんななか、ベッキーがユニセフに巨額の募金をしていたことが、ユニセフ関係者のコメントで判明した。これは人気雑誌「週刊新潮」によって報じられたもので、ベッキーはコツコツとユニセフに募金をし続け、アフリカに5つもの校舎を建てることができたという。アフリカの物価は安いとはいえ、それでも5つもの校舎を建てるには巨額が必要だ。

・ベッキーのおかげで助かった命
ベッキーのおかげで学ぶ場を得られた子どもたち、ベッキーのおかげで将来の夢を持てた子どもたち、ベッキーのおかげで助かった命がそこにある。ベッキーが心優しい女子なのがわかる慈善活動といえよう。

・言うなとベッキーから念押し
それにしても、不思議な点がひとつある。ベッキーがバッシングされるなか、どうして今のタイミングで「ベッキーの美談」が報じられたのか? 不倫と募金の話はまったく関係ないと思うのだが、ユニセフ関係者は週刊新潮の取材に対して「募金のことは決して口外しないでほしいと彼女からは念押しされていたのですが、いてもたってもいられず……」と話していたそうだ。

・ベッキーはそんなに悪い子じゃない
ユニセフ関係者が秘密の募金話を暴露した理由は、「ベッキーはそんなに悪い子じゃないのに叩かれてかわいそう」という気持ちがあったからだろう。もしくは「言うな言うな」と言われて逆に言いたくなったのかも!? しかし週刊新潮は「だからといってベッキーに早期復帰の道が拓かれるかというと、そうたやすいものではない」とコメントしている。確かにそのとおりである。

http://buzz-plus.com/article/2016/02/25/becky-furin-bokin/

ここにきてベッキーを復帰させようとする強い動きを感じますね(;^ω^)

 - 芸能